「砂の器」記念碑

歴史

松本清張の『砂の器』は、昭和35年(1960)読売新聞に連載された推理小説の傑作でベストセラーとなリ、「亀嵩(かめだけ)」の地名とズーズー弁が推理の鍵をにぎり、この地方が広く知られるきっかけとなりました。

地名の由来

昭和49年(1974)には野村芳太郎監督で映画化され、漂泊する宿命の父子にかさねて日本の原風景が描写され、再び脚光をあびることとなりました。記念碑は湯野神社参道入り口に昭和58年(1983)松本清張の揮毫により建立されました。

おすすめポイント

記念碑は、湯野神社参道入り口に昭和58年(1983)松本清張の書が彫り込まれています。

住所・アクセス

〒699-1701 島根県仁多郡奥出雲町亀嵩

関連記事

  1. 新幹線発祥の地記念碑

  2. 元越番所跡の記念碑

  3. 多胡碑(上野三碑)

  4. 金井沢碑(上野三碑)

  5. 明治橋跡記念碑

  6. 広島平和都市記念碑(原爆死没者慰霊碑)