サイクリストの聖地記念碑

歴史

記念碑は、「しまなみ海道と台湾・日月潭サイクリングコースによる姉妹自転車道協定の締結」「国際サイクリング大会”サイクリングしまなみ”の開催」2つのイベントを記念し、2014年10月25日に建立されました。

地名の由来

聖地碑の造形は、瀬戸内の島々をつなぎ未来へと運ぶ架け橋を、今治市産の大島石により表現したもの。二つの穴は自転車の車輪を、上の大きな石は自転車のサドルをイメージしています。

おすすめポイント

サイクリストの聖地碑があるのは、しまなみ海道の大三島、多々羅しまなみ公園。多々羅大橋のすぐふもとにある、道の駅です。

住所・アクセス

〒794-1402 愛媛県今治市上浦町井口9180

関連記事

  1. 多胡碑(上野三碑)

  2. 上原勇作元帥生誕地の碑

  3. 埼玉県名発祥之碑

  4. 津和野藩藩邸跡

  5. 薩英戦争記念碑

  6. 我は海の子の碑