ザビエル上陸記念碑

歴史

天文18年(1549年)にイエズス会宣教師のフランシスコ・ザビエルが布教にために日本を訪れました。上陸したのは鹿児島市祇園之洲とされています。

地名の由来

ザビエル上陸記念碑は、「祇園之洲公園」として整備された、桜島を望む錦江湾沿いの一角建てられています。

おすすめポイント

記念碑にはザビエルが乗って来た帆船や、ザビエルと共に上陸したヤジロウなどの一行の姿、 そしてザビエルに布教を許可した島津氏の家紋(丸に十字)が刻まれています。

住所・アクセス

〒892-0803 鹿児島県鹿児島市祇園之洲町1

関連記事

  1. 日本二十六聖人殉教記念碑

  2. 平城宮阯保存記念碑

  3. 電気鉄道事業発祥の地 石碑

  4. 東京大空襲戦災犠牲者追悼碑

  5. 雨ニモマヶズ 宮沢賢治詩碑

  6. 牟岐町南海震災記念碑