一目八景

歴史

九州のなかでもひときわ有名な深耶馬渓の紅葉。若葉の新緑から色鮮やかな紅葉まで、一年中鮮やかな渓谷です。

地名の由来

中心にある『一目八景』は、八つの景色「海望嶺・仙人岩・嘯猿山・夫婦岩・群猿山・烏帽子岩・雄鹿長尾嶺・鷲の巣山」が一目で眺望できることからと名づけられています。紅葉の季節には渓流や岩肌が赤や黄色で彩られ、多くの人で賑わいます。

おすすめポイント

展望台からの景色はまさに絶景、眼福にあずかれます。また駐車場近くのひさしもみじのトンネルは新緑も紅葉も見事に美しいスポット。

住所・アクセス

〒871-0422 大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬

関連記事

  1. 飯野山(讃岐富士)

  2. 志賀島

  3. 瀬ノ本高原

  4. 壱岐島

  5. 鯉が窪湿原

  6. 老岳