三ツ石稲荷神社

歴史

三ツ石稲荷神社は1340年代に創建された歴史ある神社で、二本松の城主であった丹羽公の氏神として建立されました。神社にある白狐面は、九代目藩主の長貴公が長子出産祈願のお礼として奉納したものです。

地名の由来

目印の三つに裂けた岩が名前の由来にもなっているそうです。

おすすめポイント

白狐の面大額があり、5尺余の大鍵をくわえています。この「かぎ」は宝庫を開く鍵、人々に幸福をもたらす鍵とされています。

住所・アクセス

〒969-1512 福島県二本松市上川崎三ツ石55

関連記事

  1. 蕪嶋神社

  2. 十和田神社

  3. 宮城縣護國神社

  4. 住吉神社

  5. 息栖神社

  6. 川越氷川神社