上原勇作元帥生誕地の碑

歴史

上原 勇作(うえはら ゆうさく、安政3年11月9日(1856年12月6日) – 1933年(昭和8年)11月8日)は、安政期~昭和期の陸軍軍人。陸軍大臣、教育総監、参謀総長。

地名の由来

薩摩藩領であった日向国都城(現宮崎県都城市)出身。妻は野津道貫の娘、槙子。山縣有朋、桂太郎ら長州閥の元老凋落の後に陸軍に君臨し、強力な軍閥(上原閥)を築き上げた。 上原閥に属する者に荒木貞夫、真崎甚三郎、柳川平助、小畑敏四郎らがいた。

おすすめポイント

住所・アクセス

〒885-0072 宮崎県都城市上町17−23

関連記事

  1. 淳和院跡 石碑

  2. 女川いのちの石碑

  3. 宮崎特攻基地慰霊碑

  4. 金井沢碑(上野三碑)

  5. いちご記念碑

  6. 日本最南端の碑