上杉神社

歴史

上杉謙信が天正6年(1578年)、越後春日山城で急死した際、遺骸は城内の不識庵に仏式にて祭られたが、次代の上杉景勝が会津を経て慶長6年(1601年)に米沢へ移封されたのに合わせ、謙信の祠堂も米沢に遷された。

地名の由来

上杉神社は山形県米沢市にある戦国武将の上杉謙信(うえすぎけんしん)に由来する神社です。

おすすめポイント

上杉家の遺品を中心に多数の重要文化財を展示する「上杉神社稽照殿」も歴史ファン必見のスポット。文武兼備の智将・直江兼続公の「愛」の字をデザインした有名な兜も有しています。

住所・アクセス

〒992-0052 山形県米沢市丸の内1丁目4−13

関連記事

  1. 宮城縣護國神社

  2. 札幌伏見稲荷神社

  3. 宝登山神社

  4. 一之宮貫前神社

  5. 息栖神社

  6. 三ツ石稲荷神社