中村家住宅

歴史

御所市内で最も古い建物で、中世、吐田城主だった吐田越前守の子孫にあたる中村正勝が慶長期(1596〜1615)に建てたと推定される。

地名の由来

江戸前期の家の造りを今に伝えるこの建築物は、全国的にみても歴史的価値の高いもので、国の重要文化財にも指定されている。

おすすめポイント

名柄街道と東西の水越街道の交差点として開けたため現在も古い代官の家で、切妻段造、本瓦葺、六間取の豪邸である。

住所・アクセス

〒639-2321 奈良県御所市大字名柄338

関連記事

  1. うろこの家

  2. 万田坑

  3. 眼鏡橋

  4. 伊藤博文旧宅

  5. 旧マッケンジー住宅

  6. 旧遠山家民俗館