五色沼自然探勝路

歴史

2016年にミシュラン・グリーンガイド1つ星に認定。正確には「五色沼湖沼群」と言い、毘沙門沼・赤沼・みどろ沼・竜沼・弁天沼・るり沼・青沼・柳沼などの数多くの湖沼の総称。沼によって、エメラルドグリーン、コバルトブルー、ターコイズブルー、エメラルドブルー、パステルブルーと色が違う不思議な場所で「神秘の湖沼」と言われる。

地名の由来

5つの沼というわけではなく、様々な色彩を見られることから「五色沼(ごしきぬま)」という名前がつきました。色が異なる要因は、天候や季節、見る角度、水中に含まれる火山性物質などによると言われています。四季や天候、時間帯などによっても、少しずつちがった色にみえる。

おすすめポイント

最も大きな「毘沙門沼」では手漕ぎボートを楽しむことができます。また雪解け後の芽吹き前の森や、落葉後の森の中では、小鳥たちを見つけやすくなるため、野鳥観察が楽しめます。

住所・アクセス

〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村大字檜原湯平山1110

関連記事

  1. 宝満山

  2. 大涌谷

  3. 仙酔島

  4. 伊良部大橋

  5. 磐梯山

  6. 大島