円月島

歴史

和歌山県西牟婁郡白浜町の臨海浦に浮かぶ島。国の名勝に指定されている。円月島(えんげつとう)の通称で名高い。南紀白浜のシンボルの一つ。夕景の名所としても知られる。春分・秋分の時期には、中心部の穴を通して夕日が見える。

地名の由来

島の大きさは南北130メートル、東西35メートル、高さ25メートル。外見的特徴としては、島の中央に海蝕による直径約9mほどの円月形の穴(海蝕洞)が開いていることで、これが通称の由来となった。大潮の干潮時には、大人であれば腰が海水に浸かるぐらいの深さで歩いて渡ることができる。近くの白良浜に比べて透明度は格段に高く、魚種も多く見られる。

おすすめポイント

夕景の名所としても知られる。春分・秋分の時期には、中心部の穴を通して夕日が見える。

住所・アクセス

〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町3740

関連記事

  1. 堺・緑のミュージアム ハーベストの丘

  2. 六甲山

  3. 伊吹山

  4. 桜島

  5. 真鍋島

  6. 水納島