出石 永楽館

歴史

明治34年に開館し、歌舞伎をはじめ新派劇や寄席などが上演され、但馬の大衆文化の中心として大変栄えました。時代と共に映画上映が中心となり、やがてテレビの普及や娯楽の多様化などにより昭和39年に閉館しました。

地名の由来

出石城下に常設の芝居小屋が開業。出石城主仙石氏の家紋「永楽銭」にちなみ名称を「永楽館」とする。太鼓櫓から「本日興行あり」の太鼓を打ち鳴らしたという。

おすすめポイント

往時の永楽館を懐かしむ声があがるようになり、約20年の復元に向けた活動により、平成20年に大改修なされ、44年の時を経て永楽館は蘇り、現在は一般公開されています。

住所・アクセス

〒668-0234 兵庫県豊岡市出石町柳17−2

関連記事

  1. 武家屋敷

  2. 富岡製糸場

  3. 西郷隆盛蘇生の家

  4. 喜友名泉

  5. 中尊寺金色堂

  6. 国見ふるさと展示館