加茂川歴史民俗資料館

歴史

明治29年の葉煙草専売法の公布に伴い、加茂葉たばこ取扱所として設置(明治30年頃)されたものを、旧加茂川町が平成6年から資料館として保存・活用し、現在に至っています。

地名の由来

屋根は和小屋組の寄棟造,桟瓦葺,外壁を押縁下見板張とし,当初は後方に建物が連続していた。全国有数の葉たばこの産地であった当地域の歴史を今に伝えている。

おすすめポイント

収蔵品は地元の人々から寄附された古くからの生活用具、農具、祭礼具等で、600種類約1,000点を展示しています。

住所・アクセス

〒709-2331 岡山県加賀郡吉備中央町下加茂1103−3

関連記事

  1. 肥土山農村歌舞伎舞台

  2. 伊王島灯台

  3. 荒木家住宅

  4. 九州日立マクセル赤煉瓦記念館

  5. 京の内

  6. 甘草屋敷