北九州市大連友好記念館

歴史

門司港が中国・大連市と国際航路を結び、1979年には北九州市と大連市が友好都市を提携。友好都市締結15周年を記念し、ロシア帝国が1902年に大連市に建築した鉄道汽船会社の建物を、そっくり複製し建築されたものが、この「大連友好記念館」。

地名の由来

外壁は茶と白のタイルのコントラストが美しく、煙突や屋根に取り付けた窓などのデザインも印象的。

おすすめポイント

1階はレストラン、2階は誰でも自由に休憩ができる「門司港レトロ交流スペース」と友好都市大連の様々な情報を発信する「大連市紹介コーナー」、3階は地元まちづくり団体等の活動の場「地域コミュニケーションスペース」となっている。

住所・アクセス

〒801-0853 福岡県北九州市門司区東港町1−12

関連記事

  1. 旧小津清左衛門家(松阪商人の館)

  2. 起雲閣

  3. 葛城館

  4. 雪の聖母聖堂

  5. 敦賀赤レンガ倉庫

  6. 北九州市旧大阪商船