北鹿ハリストス正教会曲田生神女福音会堂

歴史

明治25年(1892)、大館市曲田に建てられた教会聖堂。現存するハリストス正教会の聖堂建築の中で、木造平屋建て教会としては日本最古の建築。東京神田のニコライ堂を模した造りで、秋田県の有形文化財に指定されている。

地名の由来

ティト小松神父(函館)が当時管轄していたが、後に当地に居を移し大館・鹿角地方を中心に秋田県北と青森県津軽地方を管轄した。昭和30年代より盛岡正教会管轄となる。

おすすめポイント

教会内部には、明治の聖像画家・山下りんのイコン(聖像画)が収蔵されており、大館市指定有形文化財となっている。

住所・アクセス

〒018-5603 秋田県大館市曲田80−1

関連記事

  1. 田中家住宅

  2. 吉田松陰幽囚ノ旧宅

  3. 芸予要塞跡

  4. 中村家住宅

  5. 端島 (軍艦島)

  6. 江上天主堂