南宗寺庭園

南宗寺庭園

出典:blog-imgs-11.fc2.com

歴史

南宗寺庭園とは南宗寺内にある歴位ある庭園です。南宗寺とは弘治3年(1557年)三好長慶が父元長の菩提を弔うために、大林宗套(だいりんそうとう)を迎え開山とした臨済宗大徳寺派の寺院です。慶長20年(1615年)の大坂夏の陣による焼失後、寺地を現在の場所に移し、沢庵宗彭(たくあんそうほう)らにより再建が行われました。境内には国指定名勝の枯山水の庭、国指定重要文化財の仏殿・山門・唐門、千家一門の供養塔、利休ごのみの茶室実相庵(じっそうあん)などがあります。方丈前の枯山水庭園は、仏殿等が建築された江戸時代初期と考えられ、前面に広く白砂を敷き小高くなっている地形を利用して枯滝を組み、そこから小石により表現された枯流れを右手の方向に流しています。上流部に架けた石橋と枯滝とがよく調和し、中央部にある横石の石組も素晴らしく、平庭枯山水形式の庭と石組造形を組み合わせて構成された美しい庭園です。仏殿は禅宗建築の技法を用いた府下では唯一の仏殿建築で、内部の天井には「八方睨龍(はっぽうにらみりゅう)」が描かれています。山門は二階建てで上層に手すりのついた縁がまわる楼門形式の門で、垂木を扇状に並べる技法は禅宗建築の技法のひとつです。唐門は柱間をつなぐ梁に彫られた模様や、柱の先に突き出た木鼻という彫物などが、仏殿や山門と同様のかたちをしていることから、同じ時期に建てられた建物と考えられています。また、徳川家康が後藤又兵衛の刃に倒れ、当寺に祀られたという伝説の寺でもあります。南宗寺手園は国指定名勝。古田織部作庭と伝わる枯山水庭園。千利休が修行をしたというお寺で、茶室なども残されています。

地名の由来

南宗寺という寺の名前は、利直の法名「南宗院殿月渓晴公大居士」に由来しています。

おすすめポイント

南宗寺といえば徳川家康のお墓があるということで知られています。家康公の死に関しては様々な説があり、今でもはっきりとしたことはわかっていませんが実際に南宗寺には境内にお墓があり、現在でも多くの方が訪れています。枯山水の庭は水を使わず、池も川もないのですが、石と砂で山河を表現。つい見とれてしまいます。枯山水は、精神世界も表現しています。南宗寺の名物は、やはり枯山水庭園です。南宗寺の枯山水は、国の名勝庭園に指定されています。方丈の南庭で、方丈の縁側に座り、名庭園師、古田織部の力作の庭を眺めれば、禅の奥深いわびさびの世界が体感できます。

住所・アクセス

阪堺電車 御陵前駅より徒歩5分

南海本線 湊駅より徒歩15分

関連記事

  1. 大仙公園・日本庭園

    大仙公園・日本庭園

  2. 大雄院庭園

    大雄院庭園

  3. 西應寺庭園

    西應寺庭園