堂ケ島

歴史

静岡県賀茂郡西伊豆町にある景勝地。その景色の美しさから「伊豆の松島」とも称えられる。伊豆半島が海底火山だった時代の噴火にともなう水底土石流と、その上に降り積もった軽石・火山灰層(軽石凝灰岩)が見られ、この白い地層が波によって削られ断崖となり、堂ヶ島の特徴的な景観を造った。

地名の由来

海蝕洞(波の侵食作用でできた洞窟)の天井が崩れて穴(天窓)が空いたのが天窓洞である。天窓の周囲には遊歩道があり上から穴を眺められる。また、遊覧船で海から洞窟内に入ることもできる。1935年(昭和10年)に国の天然記念物に指定された。

おすすめポイント

堂ヶ島の観光スポットとして知られる天窓洞。長い年月をかけて作られた海食洞窟の中央部は、天井が円く抜け落ちています。天窓からは太陽の光が海面に射し込み、エメラルド色の海面がとても神秘的です。

住所・アクセス

〒410-3514 静岡県賀茂郡西伊豆町仁科堂ヶ島

関連記事

  1. 日間賀島

  2. お釜(噴火口)

  3. 小安峡

  4. 千巌山

  5. 翠波高原

  6. 黒岳