報恩寺

歴史

報恩寺(ほうおんじ)は、岩手県盛岡市名須川町にある曹洞宗の寺院。山号は「瑞鳩峰山」と号し報恩禅寺と称する。本尊は釈迦如来。境内にある五百羅漢で有名である。

地名の由来

大光山聖壽禪寺、大寶山東禪寺、寶珠盛岡山永福寺、雍護山無量院敎淨寺とともに盛岡五山(盛岡五個寺とも)の一つとされる。

おすすめポイント

羅漢堂に納められる羅漢像は、京都の九人の仏師の手により、享保16年(1731)から4年を費やして作られた。全て寄せ木造り、漆塗りで、像の中にはマルコポーロ、フビライなども見られる。

住所・アクセス

〒020-0016 岩手県盛岡市名須川町31−5

関連記事

  1. 大谷寺・大谷観音

  2. 誕生寺

  3. 埼玉厄除け開運大師・龍泉寺

  4. 日本寺

  5. 大中寺(七不思議の寺)

  6. 輪王寺