多胡碑(上野三碑)

歴史

711年(和銅4年)建立。碑身、笠石、台石からなり、材質は花崗岩質砂岩で、牛伏砂岩と呼ばれ、近隣で産出される。地元では多胡石、天引石などとも呼ばれている。碑身は高さ125cm、幅60cmの四角柱で前面に6行80文字の楷書が丸底彫り(薬研彫りとされてきたが、近年丸底彫りであることが判明した)で刻まれている。

地名の由来

笠石は高さ25cm、軒幅88cmの方形造りである。台石にのせられた碑身は下部が四角錐状になっており「國」の字が刻まれていると言われるが、現在はコンクリートにより固定されているため確認できない。

おすすめポイント

住所・アクセス

〒370-2107 群馬県高崎市吉井町池1095

関連記事

  1. 惜別 宇品線記念碑

  2. 春雨殉難記念碑

  3. 殉難記念碑

  4. 宮崎特攻基地慰霊碑

  5. 室生犀星文学碑

  6. 花の生涯記念碑