大涌谷

歴史

約3000年前、箱根火山で水蒸気爆発による山崩れが発生し堆積物が地表を覆いました。さらに約2900年前に、小規模な火砕流が発生、冠ヶ岳ができ、また火山砕屑物が積もりました。この2つの火山砕屑物と山崩れによる堆積物の間が現在の大涌谷と呼ばれるエリアです。

地名の由来

江戸時代に「地獄谷」や「大地獄」と呼ばれていた大涌谷だが、明治天皇・皇后の行幸啓に際し、1876年(明治9年)9月5日に改称された。

おすすめポイント

沸き立つ湯釜、白煙を吹き上げる噴気孔など、火山のダイナミックな活動の様子を観察できます。噴煙地に近いほど酸性に強い植物が見られるのも大涌谷の特徴です。

住所・アクセス

〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町 箱根 仙石原

関連記事

  1. 球磨川

  2. 桜島

  3. 波戸岬

  4. 八方池

  5. 茶臼山高原

  6. 辰ノ島