天安河原

歴史

天岩戸神社西本宮から岩戸川に沿って徒歩で約10分、天照大神(アマテラスオオミカミ)が岩戸にお隠れになったさい、天地暗黒となり八百万(やおよろず)の神がこの河原に集まり神議されたと伝えられる大洞窟。

地名の由来

別名「仰慕ヶ窟(ぎょうぼがいわや)」とも呼ばれています。以前は社のみがあり信仰の対象となっていたが、いつのまにか祈願を行う人たちの手によって石が積まれていくようになりました。

おすすめポイント

現在では無数にある積まれた石が天安河原の神秘的かつ幻想的な雰囲気を一層引き立てています。

住所・アクセス

〒882-1621 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字岩戸

関連記事

  1. 腰岳(伊万里富士)

  2. 大崎半島

  3. 壇鏡の滝

  4. 八女中央大茶園

  5. 江の島

  6. 九頭竜湖