居蔵の館

歴史

明治末期に建てられ、大正初期に改築されたもので、製蝋業(せいろうぎょう)で財をなした大地主の店舗兼住居でした。

地名の由来

官舎であった鏡田屋敷に比べ、豪商の家であったこの建物は、土蔵(くら)造りのなかでも、完成度の高い代表的な居蔵家(いぐらや)のひとつで、匠の技が見えるドーム型天井をもつ浴室や、神棚の間の吹き抜けなど、贅沢な作りが往時(おうじ)の暮らしを偲(しの)ばせます。

おすすめポイント

道路に面した主屋を見ると、壁はもちろん、瓦屋根・軒の裏まで漆喰(しっくい)で塗り込められ、2階の窓は鉄製の扉によって覆われ、2階の屋根の下には「うだつ」と呼ばれる壁もあるなど、外部から延焼しにくい構造も見どころです。

住所・アクセス

〒839-1321 福岡県うきは市吉井町1103−1

関連記事

  1. 万田坑

  2. 野良時計

  3. 木戸孝允旧宅

  4. 磯矢邸

  5. 秋山兄弟生誕地

  6. 御手洗町並み保存地区