広島赤十字病院慰霊碑

歴史

碑は1959年広島赤十字病院開院20周年記念行事の一つとして建立されました。2013年病院の建て替えに伴い現在地に移設されました。

地名の由来

原爆により、広島赤十字病院関係者と患者の多くが犠牲となりました。病院は外郭だけを残して破壊されましたが、多くの被爆者が救護を求めて集まりました。かろうじて生き残った医師・看護婦は、わずかな医療資材を用いて懸命に治療を続けました。

おすすめポイント

住所・アクセス

〒730-0052 広島県広島市中区千田町2丁目5−64

関連記事

  1. 平城宮阯保存記念碑

  2. 峠三吉詩碑

  3. 広島平和都市記念碑(原爆死没者慰霊碑)

  4. 電信電話発祥記念碑

  5. 明治橋跡記念碑

  6. 平和の記念碑