弓張岳

歴史

弓張岳は、長崎県佐世保市にある山である。標高は364メートル。頂上付近には坪井善勝が手掛けたコンクリート屋根の弓張岳展望台があり、佐世保市街や米軍基地、SSK(佐世保重工業)のドック群、西側には九十九島を見ることができる。西海国立公園にも指定されており、佐世保を代表する山の一つである。

地名の由来

佐世保市内でも有数の観光名所であり、多くの観光客や市民が訪れる。特に夜景が美しく、有志でつくる「夜景100選」にも選ばれた。駐車場の北側、階段を少し登ると旧日本海軍の主要拠点であった佐世保鎮守府の防空のために設けられた円形の砲台跡がある。

おすすめポイント

佐世保の大自然と市街地が一望できるのが弓張岳にあるこの展望台。西側には遥か五島灘と九十九島の島々、南側には深い入り江の佐世保港、そして東側には美しい市街地の街並みと、三方のパノラマを見渡すことができます。

住所・アクセス

〒857-0035 長崎県佐世保市福田町

関連記事

  1. 開聞岳

  2. 灰ヶ峰

  3. 鳴門海峡

  4. 深耶馬溪

  5. 大川原高原

  6. 加部島