御手洗町並み保存地区

歴史

江戸時代、風待ちや潮待ちの港町として栄えた御手洗は、平成6年重要伝統的建造物群保存地区として国から選定されました。土地が狭いため数度にわたって埋め立てられた御手洗は、大小の商家、茶屋、船宿、住宅、神社、寺院などが混在し、集落中心路、集落連絡路、集落生活路(小路)等が網の目のように巡っています。

地名の由来

御手洗地区は17世紀の中頃形成されて以来、江戸時代の約200年間を経て昭和初期に至るまで、瀬戸内海交通の中継港として、時代に応じた発展を示し、その痕跡を今も集落内に留めています。

おすすめポイント

大波止、石橋、高燈籠、石垣護岸、雁木等、港町の生活上必要な土木的建造物が当時のまま現存しているものもあります。

住所・アクセス

〒734-0302 広島県呉市豊町御手洗

関連記事

  1. 曽木発電所遺構

  2. 秋山兄弟生誕地

  3. 小路庵

  4. 龍馬の隠れ部屋桝屋清右衛門宅

  5. 旧田代家西洋館

  6. 英国館