成田山新勝寺

歴史

成田山新勝寺は平安時代中期に起こった平将門の乱に由来します。 朝廷は乱の制圧の祈願を大寺社や密教僧に命じます。 939年に寛朝大僧正(かんちょうだいそうじょう)も天皇の勅命を受け、京都の神護寺の空海作の不動明像を報じて下総国公津ケ原へ入り、この地に朝敵調伏を旨とする不動護摩供を奉納しました。

地名の由来

山号は成田山。山号を付して「成田山新勝寺」、あるいは山号のみで「成田山」と呼ばれることが多いです。

おすすめポイント

今も昔も加持祈祷のために訪れる人が多いことでも知られる。成田国際空港に近いことから、外国人観光客にも人気がある。

住所・アクセス

〒286-0023 千葉県成田市成田1

関連記事

  1. 瀧水寺大日坊

  2. 大谷寺・大谷観音

  3. 輪王寺

  4. 福満虚空藏尊 圓藏寺

  5. 雲巌寺

  6. 報恩寺