敦賀赤レンガ倉庫

歴史

明治38年にアメリカの石油会社「紐育(ニューヨーク)スタンダードカンパニー」によって建設された石油貯蔵用の倉庫です。

地名の由来

外国人技師による設計といわれ、レンガはオランダから取り寄せて積み上げられたといわれており、柱の内側に壁を設け、内壁に柱のない空間になっているのが大きな特徴です。

おすすめポイント

潮の香りが漂う岸壁の近くには古い倉庫が並び、港町独特の風情を醸し出しています。

住所・アクセス

〒914-0072 福井県敦賀市金ケ崎町4−1

関連記事

  1. 奈良女子大学

  2. 羽黒山五重塔

  3. 小坂鉱山事務所

  4. 旧小津清左衛門家(松阪商人の館)

  5. やまびこ交流館

  6. 片倉館