日本銀行大阪支店旧館

歴史

土佐堀川、堂島川、そして大阪のメインストリート・御堂筋に面して建つ近代建築。明治36年(1903)にベルギー国立銀行をモデルに建設された、緑青の色が美しい円屋根をもつ石造りの2階建て本格的洋風建築だ。設計は東京駅舎や中央公会堂を手掛けた辰野金吾らによる。

地名の由来

江戸時代この地には島原藩蔵屋敷があり、明治初期には関西財界の指導者五代友厚の別邸があったそうだ。昭和の時代、業務空間拡大のため、一時は高層ビルへの全面建替えも計画されたが、3面の外部の壁面と内部の重要な部分を保存し、西側敷地に高層棟を新築した。

おすすめポイント

予約をすれば、旧館の内部や新館の営業室などを見学することができる。

住所・アクセス

〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島2丁目1

関連記事

  1. 名古屋能楽堂

  2. 旧永井家庄屋屋敷

  3. 赤れんが郷土館

  4. 六華苑

  5. サフラン酒の鏝絵

  6. 旧亀岡家住宅