日間賀島

歴史

島は一周5.5km程で、西と東には定期便が発着する港があります。三河湾に囲まれ、島の自然や人々の暮らしは豊かな海と深い関わりを持っており、温暖な気候や豊富な魚介類に恵まれた風光明媚な環境です。タコとフグが名物で、「多幸(タコ)の島、福(フグ)の島」として親しまれています。

地名の由来

一説として、「日間賀島」は、かつては「 日向賀島ひむかじま」だったが、くずし字の「向」が「間」と紛らわしく読み間違って「日間賀島」と書かれるようになったという。

おすすめポイント

日間賀島を代表する味といえば、タコとフグ。特にタコは季節にとらわれない年中楽しむことのできます。

住所・アクセス

〒470-3504 愛知県知多郡南知多町大字日間賀島

関連記事

  1. 室戸岬

  2. 大台ヶ原(日出ヶ岳)

  3. 志賀島

  4. 沼島

  5. 知林ヶ島

  6. 天狗高原