旧トーマス邸

歴史

風見鶏の館(旧トーマス住宅)は、明治42年(1909年)頃にドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏の自邸として建てられました。建物の設計に当ったのは、ドイツ人の建築家ゲオルグ・デ・ラランデ。レンガの外壁と尖塔の風見鶏は、北野異人館のシンボルとして人々に愛されています。

地名の由来

昭和58年12月より昭和60年3月にかけて本格的な保存修理を行い、復原できる箇所は可能な限り元の姿に戻しています。現在は国の重要文化財に指定されています。

おすすめポイント

建物の中は、「アール・ヌーヴォー」を感じさせる装飾が、細かなところにまで施され、その全てを見学することができます。国の重要文化財に指定され、異国情緒溢れる神戸の街の歴史を、間近で感じることができる施設です。

住所・アクセス

〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町3丁目13−3

関連記事

  1. 文化のみち二葉館(名古屋市旧川上貞奴邸)

  2. 広兼邸

  3. 出石 永楽館

  4. 阿波池田たばこ資料館

  5. 城下町佐伯国木田独歩館

  6. 関門海峡