旧東海道記念碑

歴史

東海道は昔このあたりを通り、西は古庄へ東は国吉田へと通じておりました。古来より主要街道の一つであり、府中(静岡)生まれの十返舎一九が書いた東海道中膝栗毛の中で、弥次郎兵衛喜多八が滑稽な旅をしたことでも知られております。国道一号線(静清国道)が整備されたことから交通量も減り、旧東海道と呼ばれるようになりましたが、昭和37年、国鉄操車場の建設により栗原の西側が分断され、さらに静清土地区画整理事業による新しいまちづくりが行われたことから、栗原地内の旧東海道もその姿を消すことになりました。

地名の由来

昔を偲び、なおかつ旧東海道と共に発展してきました「栗原」の歴史を正しく後世に伝えたいとの願いを込めて、この記念碑を建設することになりました。

おすすめポイント

この記念碑のみかげ石は静岡市追手町にありました静岡御用邸に使われていた由緒あるもので、昭和初年の御用邸改修の折、栗原町内会が払下げを受けたものです。

住所・アクセス

〒422-8008 静岡県静岡市駿河区栗原

関連記事

  1. 薩英戦争記念碑

  2. 殉難記念碑

  3. 上原勇作元帥生誕地の碑

  4. 花の生涯記念碑

  5. 絵堂戦跡記念碑

  6. 日本トライアスロン発祥記念碑