旧森田銀行本店

歴史

明治時代になり廻船業の衰退を察知した森田三郎右衛門は、1894年(明治27年)に森田銀行を創業し、業種転換を図りました。森田銀行は確かな信用のもと、県内上位の優良な銀行に成長します。そして、1920年(大正9年)この建物が新しい本店として落成しました。

地名の由来

九頭竜川の河口に位置する坂井市三国町は、古来より越前の玄関口ともいうべき経済の要港として発達してきました。 その三国湊にあって中世以来、湊の発展を支えてきたのが、北前船による廻船業を生業とした豪商たちで、その中のひとつが森田家です。

おすすめポイント

外観は西欧の古典主義的なデザイン、内部は豪華な漆喰模様があります。細部のデザインや技術へのこだわりは建築思想の質の高さの表れであり、県内に現存する鉄筋コンクリート造の最古のものです。

住所・アクセス

〒913-0045 福井県坂井市三国町南本町3丁目3−26

関連記事

  1. 阿波池田たばこ資料館

  2. 日下部民藝館

  3. 中岡慎太郎館

  4. 文化のみち二葉館(名古屋市旧川上貞奴邸)

  5. 岬の分教場

  6. 仁科芳雄博士生家