旧沼田家武家住宅

歴史

18世紀の初頭から中頃の築で、当時の農民住宅の様式をベースに、武家住宅として体裁を整えていく過程を示した貴重な建物です。沼田家がここに暮らしたのは他家との屋敷替えによる寛保元年(1741年)以降のこと。

地名の由来

おすすめポイント

幕末に建てられた当時の原型を留めていて、当時の一関藩上級武士の生活を知る上で貴重な存在となっています。

住所・アクセス

〒021-0885 岩手県一関市田村町2−18

関連記事

  1. 茅葺き民家交流館「土居家」

  2. 富山県民会館分館内山邸

  3. 関埼灯台

  4. 関門海峡

  5. 立石寺納経堂

  6. 水沢県庁記念館