旧0哩標

歴史

ここは九州鉄道が明治24年に門司駅を開業したとき、九州鉄道 (鹿児島本線) の起点と定めたところです。

地名の由来

九州の鉄道網の形成の原点となった場所です。その後、大正3年に駅が今の場所に移り、跡形がなくなってしまいましたが、鉄道百年を記念して標識が埋められました。鉄道記念館の開館にあたって旧0哩標として立体的に復元しました。

おすすめポイント

門司港駅の改札口を入ったところにあります。この手前には「幸福の泉」があるため、ホームの方に入らないとよく見えません。

住所・アクセス

〒801-0833 福岡県北九州市門司区清滝2丁目4−3−29

関連記事

  1. 炭坑節発祥の地

  2. 三島由紀夫先生慰霊の碑

  3. 第十八師団記念碑

  4. 五足の靴文学碑

  5. 福岡一文字記念碑

  6. 龍馬、お龍と薩摩でひと休み碑