本州最北端の碑

本州最北端の碑

歴史

三方を海に囲まれた本州最果ての地、「大間崎」。目の前には津軽海峡、弁天島には白と黒が印象的な灯台が立ち、その向こうには北海道の山並みを間近に感じることができます。

地名の由来

大間町の先端、北緯41度32分、東経140度54分の場所に「ここ本州最北端の地」の碑がそびえ立っている。大間崎と北海道の汐首岬は17.5kmしか離れておらず、弁天島の向こうには渡島連峰を望み見ることができる。マグロの一本釣りをモチーフに造られたモニュメントは絶好の記念撮影ポイント。

住所・アクセス

〒039-4601 青森県下北郡大間町大字大間大間平17−1

関連記事

  1. 桜島爆発記念碑

  2. クラーク博士記念碑

    クラーク博士記念碑

  3. 牟岐町南海震災記念碑

  4. 長崎原子爆弾落下中心地碑

  5. 坂本九記念碑

  6. 炭坑節発祥の地