梅ノ木轟の滝

歴史

落差38mの滝。名前の由来は、菅原道真をしのんで植えた飛梅の木を湧けて運ぶ途中、滝に落とした事から名付けられたと言われています。

地名の由来

梅の木轟公園に架けられた吊橋を渡れば、滝壺まで行くことが可能。滝の下には、登龍の滝、梅が枝の滝もあります。

おすすめポイント

平成元年に梅の木轟公園吊橋ができ、間近で見られるようになった。すぐ下には「昇竜の滝」や「梅が枝の滝」もある。

住所・アクセス

〒869-4515 熊本県八代市泉町仁田尾

関連記事

  1. 大川原高原

  2. 龍源寺間歩

  3. 宇久島

  4. 日本最南端の碑

  5. 翠波高原

  6. 美人林