検見川神社

歴史

現在地から北隣の地は「嵯峨」と称され嵯峨天皇ゆかりの地として伝わっており、朝廷と関係のある土地であったと考えられている。貞観11年(869年)に全国で疫病が流行した際にこの嵯峨の地で素盞嗚尊が祀られたのが当社の始まりとされている。

地名の由来

検見川神社の御祭神は素盞嗚尊 (すさのおのみこと)、伊弉冉尊 (いざなみのみこと)、宇迦之御魂神 (うかのみたまのかみ)の3柱で、総称して『神祇三社検見川大明神』と呼ばれています。

おすすめポイント

例祭神幸祭は毎年8月の1~3日の3日間に執り行われるお祭りです。検見川神社大前ではお祭りと同時に、神賑行事の『ほおずき市』も開催されています。

住所・アクセス

〒262-0023 千葉県千葉市花見川区検見川町1丁目1

関連記事

  1. 諏訪神社(福島県 田村郡小野町)

  2. 松岬神社

  3. 上野総社神社

  4. 鹿角八坂神社

  5. 日光二荒山神社

  6. 一之宮貫前神社