楽寿館

歴史

この建物は明治23年(1890)に小松宮彰仁親王の別邸として建てられたものである。建築様式は全体的に京風の数奇屋造り(茶室風に造った建物)で、今では数少ない明治時代中期の貴重な建造物である。建築用材も非常に吟味されており、現在では入手困難なものも少なくない。特筆すべきは、応接用の部屋であった「楽寿の間」の装飾絵画である。幕末から明治にかけての一流の日本画家の競作が一堂に集められており、県指定文化財となっている。

地名の由来

三島市では、小松宮彰仁親王の別邸として使用された由緒と、国の名勝天然記念物に指定されている園内の一部との照合を考慮し、この建造物を文化財として指定した。

おすすめポイント

園内では富士山の雪解け水が湧き出す景観や、貴重な溶岩地形を見ることができ、元別邸の楽寿館も見学することができます。小規模な遊園地と動物園も併設され、世代を問わず誰もが楽しめる所です。

住所・アクセス

〒411-0036 静岡県三島市一番町19

関連記事

  1. 旧陸軍第11師団関連施設

  2. 国指定重要文化財 岩瀬家

  3. 武雄温泉新館

  4. 鈴木家住宅

  5. 茅葺き民家交流館「土居家」

  6. うろこの家