横浜開港150周年記念碑

歴史

2009年の横浜開港150周年の記念の年に「開国博Y150」を実施した証として、横浜の礎を築いた先人の業績への感謝と、これからの横浜の発展に願いを込めて建立された。横浜青年会議所、横浜商工会議所、横浜開港150周年協会で構成される「横浜開港150周年記念碑設置協議会」が企画。

地名の由来

象の鼻地区は1854年3月31日、ペリー提督が2度目の来日で初めて横浜に上陸した場所。

おすすめポイント

横浜開港150周年に合わせて再整備された象の鼻地区の「象の鼻パーク」。開国博Y150マスコットキャラクター「たねまる」を御影石で復元した記念碑(高さ1.2メートル、幅2.7メートル)が、象の鼻パークのAゾーンに設置された。

住所・アクセス

〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通2丁目4

関連記事

  1. 日本最南端の碑

  2. サイクリストの聖地記念碑

  3. 多胡碑(上野三碑)

  4. 西郷南洲翁上陸記念碑

  5. 御堂筋完成五十周年記念碑

  6. ルイス・デ・アルメイダ渡来記念碑