殉難記念碑

歴史

盾津村青年団 古箕輪支部が建てた、大西勝氏の殉難記念碑である。大きな被害をもたらした室戸台風で、当時16歳であった大西勝氏は、校舎に取り残された10数名の子供たちを自らの命と引き換えに救出し、亡くなった。

地名の由来

遺徳を永く顕彰するため、翌昭和10年9月21日に建てられたものである。地域の大切な歴史でもある。

おすすめポイント

古箕輪自治会館の南側にある。

住所・アクセス

〒578-0915 大阪府東大阪市古箕輪1-9

関連記事

  1. ひめゆりの塔

  2. 源助柱記念碑

  3. 日本最南端の碑

  4. 旧東海道記念碑

  5. 納豆記念碑

  6. 三島由紀夫記念碑