泉神社

歴史

創建年代は不詳。崇神天皇49年に久自国造の船瀬宿禰による創建とする説もあるが、船瀬宿禰は成務天皇の時代の者であり、後世の創作だと指摘されている。境内の泉ヶ森は『常陸国風土記』久慈郡の条にある「密筑の里の大井」に比定され、泉神社は『延喜式神名帳』に記載されている「天速玉姫命神社」に比定される。なお、『常陸国風土記』には泉神社に関する記述はない。

地名の由来

『延喜式神名帳』の「天速玉姫命神社」に比定されており、境内にある湧泉は『常陸国風土記』に「密筑の里の大井」として記述がある。椎や松から成る境内の泉ヶ森は茨城県の史跡に指定されている。

おすすめポイント

神社脇に清水がこんこんと湧き出る泉ある。この泉の周辺と神域の緑樹の美しい森一体を泉が森と称している。四季それぞれに風情豊であり、参拝に訪れる皆さんの憩いの場所となっている。

住所・アクセス

〒316-0024 茨城県日立市水木町2丁目22−1

関連記事

  1. 前玉神社

  2. 松戸神社

  3. 一言主神社

  4. 磐椅神社

  5. 松岬神社

  6. 笠間稲荷神社