浦富海岸

歴史

1927年(昭和2)年に鳥取県初の名勝指定を含む国指定文化財「名勝及び天然記念物浦富海岸」になっています。このほか現在では、「山陰海岸国立公園」や地質遺産「山陰海岸ジオパーク」として世界ジオパークネットワークにも加盟認定されています。

地名の由来

海岸西部には海水等の侵食による花崗岩の断崖、奇岩、洞門が続き、海面上に大小の島や岩が散在する風景が宮城県の松島に似ていることから「山陰の松島」と呼ばれることもある。

おすすめポイント

浦富海岸の特長は、透き通るような青い海と、数万年単位の地殻変動と波の浸食により形成された島や洞門、砂浜などが連続するリアス式海岸の景観です。

住所・アクセス

〒681-0003 鳥取県岩美郡岩美町大字浦富

関連記事

  1. 稲佐山

  2. 原尻の滝

  3. 関門海峡

  4. 桂浜

  5. 平久保崎

  6. 興居島