滑床渓谷

歴史

四万十川の支流である目黒川の上流に広がる大渓谷。侵食によって洗い清められた花崗岩の滑らかな河床が特徴で、千畳敷や出合滑と呼ばれる広大な岩肌を、清流が止めどなく流れる美しい光景を見ることができる。

地名の由来

巨大な一枚岩の斜面を優美にすべり落ちる雪輪の滝は、滑床渓谷の象徴であり「日本の滝100選」にも指定されている。

おすすめポイント

渓谷に沿って約12kmの遊歩道が整備されており、大自然の中の散策を楽しむため、新緑や紅葉の頃には多くの人で賑わう。

住所・アクセス

〒798-2106 愛媛県北宇和郡松野町大字目黒 滑床渓谷

関連記事

  1. 白谷雲水峡

  2. 来島海峡

  3. 宇久島

  4. 王子が岳

  5. 加計呂麻島

  6. 種子島