琉球村旧玉那覇家住宅主屋

歴史

拝領地名を姓とした首里士族の一族で、18世紀初頭に恩納村に移住と伝える。

地名の由来

北西に床と仏壇をもつ一番座と二番座を並べ、西側に裏座、南方に三番座と台所を配する。

おすすめポイント

桁行7間、梁間3間、寄棟造、赤瓦葺の木造平屋建で、東と北に雨端を廻した伝統的形式をとる。

住所・アクセス

〒904-0416 沖縄県国頭郡恩納村字山田1130

関連記事

  1. 旧マッケンジー住宅

  2. 大本みろく殿

  3. 出雲文化伝承館

  4. 居蔵の館

  5. 富山県民会館分館内山邸

  6. 旧遠山家民俗館