琵琶湖疏水

歴史

明治維新後、東京遷都により人口が減少し衰退した京都を憂えた第3代京都府知事の北垣国道は、復興策として琵琶湖から水を引き、その水の力で産業振興を図る「琵琶湖疏水」の建設を計画しました。

地名の由来

琵琶湖疏水は、第1疏水(1890年に完成)と第2疏水(1912年に完成)を総称したものである。両疏水を合わせ、23.65m3/sを滋賀県大津市三保ヶ崎で取水する。その内訳は、水道用水12.96m3/s、それ以外に水力発電、灌漑、下水の掃流、工業用水等に使われる。

おすすめポイント

琵琶湖疏水の洞門や橋、南禅寺・水路閣、レンガ造りのポンプ室などのモダンな建築物からは、今も当時の歴史や面影を感じることができます。

住所・アクセス

〒520-0034 滋賀県大津市三井寺町7

関連記事

  1. 大塔の鐘

  2. 萬翠荘

  3. 仁科芳雄博士生家

  4. 原田酒造場

  5. 神奈川県庁本庁舎

  6. 旧グラバー住宅