田中家住宅

歴史

江戸時代から続く藍商の屋敷で、昭和51年(1976)に、主屋を中心に藍納屋、藍蔵等11棟全てが国指定重要文化財となった。全解体工事を経て当時の姿が復元されている。

地名の由来

昔は、吉野川が毎年台風によって氾濫を繰返し、現在の屋敷は三度目に建てられたもので、江戸時代末期から約30年間の建築様式が見られる。主屋の葦葺の屋根は、洪水時には救命ボートに早変わりするという設計がなされている。

おすすめポイント

洪水対策用としての石垣は20年の歳月をかけて隙間無く築かれており、屋敷全体の構成美が見所となっている。

住所・アクセス

〒779-3213 徳島県名西郡石井町藍畑高畑705

関連記事

  1. 万田坑

  2. 武家屋敷跡野村家

  3. 羽黒山五重塔

  4. 出雲文化伝承館

  5. 九州日立マクセル赤煉瓦記念館

  6. 賓日館