白崎海岸

歴史

白崎は岬全体が長径600mにも及ぶ真っ白な石灰岩で形成されるという日本国内では異色の地。2億5000万年前以上前につくられたサンゴ礁が、プレート移動によって日本列島に押し付けられて誕生したのが白崎の石灰岩というわけで、エーゲ海を思わせる景観は、ダイナミックな地球の動きで誕生したもの。

地名の由来

巨大な立巖(たてご)が海に屹立し、「日本のエーゲ海」とも例えられる白崎海岸(白崎海洋公園)。古くは『万葉集』にも歌われた景勝地で、かつては石灰岩の採掘場だったという。「日本の渚百選」「日本の夕日百選」に選定。

おすすめポイント

白い石灰岩で囲まれた白崎海洋公園を中心とする絶景スポットです。白い岩と、紺碧の空と海が織り成す美しい風景は“日本のエーゲ海”と呼ばれています。

住所・アクセス

〒649-1123 和歌山県日高郡由良町大字大引960−1

関連記事

  1. 志賀島

  2. 弥山

  3. 平久保崎

  4. 大菩薩嶺

  5. 円月島

  6. 鷲羽山