眼鏡橋

歴史

17世紀、長崎の町並みは拡大され護岸を構築し、ほぼ現在の中島川が形づくられました。このころは、キリスト教禁教の時代であり、唐文化の導入により興福寺などの仏寺が次々と建立されました。寛永11年(1634)、興福寺の黙子如定禅師が架設したこの眼鏡橋は、長さ22m、幅3.65m、川面までの高さ5.46mで日本初のアーチ式石橋として有名です。

地名の由来

川面に映った影が双円を描き、「メガネ」に見えることから、この名前がついたと言われ、『日本橋』『錦帯橋』と並び日本三名橋に数えられます。また昭和57年(1982)の長崎大水害で一部崩壊しましたが翌年復元され、国の重要文化財に指定されています。

おすすめポイント

近年では、眼鏡橋をはじめとする中島川護岸にあるハートストーンが、愛を願うパワースポットとして人気を集めています。

住所・アクセス

〒850-0874 長崎県長崎市魚の町

関連記事

  1. 奈良市ならまち格子の家

  2. 茅葺き民家交流館「土居家」

  3. 広兼邸

  4. 琴平町公会堂

  5. 野良時計

  6. 公開武家屋敷「竹添邸」