磐梯山

歴史

猪苗代湖の北にそびえる活火山(成層火山)で、標高は1904年に設置された三角点「磐梯」の1,818.61mを公式に用いていたが、同点が侵食されて消失したため2010年10月に同じ場所に新設して計測し直し、同年12月27日に1,816.29mに改められた。広義には、主峰の磐梯山のほかに赤埴山(1,430m)と櫛ヶ峰(1,636m)を含めて「磐梯山」ともする。磐梯高原を含めて磐梯朝日国立公園に属する。

地名の由来

元は「いわはしやま」と読み、「天に掛かる岩の梯子」を意味する。古くは病悩山(びょうのうざん、やもうさん、わずらわしやま)とも呼ばれた。磐梯山の麓は南が表磐梯、北が裏磐梯と呼ばれる。表磐梯から見る山体は整った形をしているように見えるが、裏磐梯から見ると、一変して山体崩壊の跡の荒々しい姿を見せる。

おすすめポイント

2007年には日本の地質百選に選定された。また、2011年には日本ジオパークに認定された。

住所・アクセス

〒969-3100 福島県耶麻郡猪苗代町後磐梯山

関連記事

  1. 三徳山

  2. 真名井の滝

  3. 海の中道

  4. 水納島

  5. 由布岳

  6. ひょうたん島