神尾家住宅

歴史

神尾家は、昭和55年に建築当時のそのままに解体復元工事を終えた。工事中、広間南面の柱に明和8年(1771年)の墨書が発見され、建築年代がはっきりしている九州最古の民家とされる。

地名の由来

当時、組頭をつとめたほどの比較的裕福な農家だった。それでも、床張りは座敷をのぞいて高価な板は使われず、真竹を編んだ上にむしろを敷いた広間や居間が、毎日の生活の場であった。

おすすめポイント

曲がり寄棟造りが特徴の国指定重要文化財。

住所・アクセス

〒871-0712 大分県中津市山国町守実120

関連記事

  1. 北九州市大連友好記念館

  2. 特別史跡旧閑谷学校

  3. 萌黄の館

  4. 羽黒山五重塔

  5. 英国館

  6. 寺田寅彦記念館