稲佐の浜

歴史

出雲大社の西方1kmにある海岸で、国譲り、国引きの神話で知られる浜。旧暦10月10日に、全国の八百万の神々をお迎えする浜でもあります。

地名の由来

浜辺の奥に大国主大神と建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)が国譲りの交渉をしたという屏風岩があり、海岸の南には、国引きのとき、島を結ぶ綱になったという長浜海岸(薗の長浜)が続いています。

おすすめポイント

旧暦10月10日の夜、浜にかがり火をたいて神さまをお迎えします。普段は人の気配もまばらな「稲佐の浜」ですが、その日は多くの観光客に見守られ、神事が執り行われます。

住所・アクセス

〒699-0702 島根県出雲市大社町杵築北2711

関連記事

  1. 瀞峡

  2. 大台ヶ原(日出ヶ岳)

  3. 伊吹山

  4. エメラルドビーチ

  5. 長門峡

  6. ローソク島